トップページグリーンフォーラムとは?入会案内活動概要
活動報告

安息香の採取活動(2013/01〜02)

安息香は、ツツジ目エゴノキ科エゴノキ属のアンソクコウノキ。
アロマオイルは、リラックス効果があり気管支系のトラブルを改善する効能もあります。

【安息香の採取方法】

ホアパン県特産の安息香は樹齢615年ほどの安息香の木に傷をつけ染み出てた樹液が固まったところで採取します。1本の木から毎年数キロ取れるが傷を多く付け毎年採取できる量を10キロ以上にすると数年で木は枯れてしまいます。
 安息香の木は焼畑を行うとその後自然に落ちている種が発芽し森林が回復するに従い安息香が採取できるようになるが、安息香が採取できる山は土壌、気象条件が関係して限られています。現在当法人は、ホアパン県のホムアン郡の村々で安息香の種から苗木を栽培し、村の近くの林に植林を続けているが、それらの木から採取できるのは数年先となります。
 現在は奥山の自然林の中の安息香の木から村人が採取した安息香を買い上げております。

5月〜7月頃 安息香の木に傷をつける


11月〜12月頃の染み出た安息香


森の中の安息香の木
ホアパン県の山は広葉樹と針葉樹の混合林


サムヌア事務所と日本からの木登りセットを
身に着けた職員


2013年2月3日ホアパン県ホムアン群ナンポン村の集会場にて安息香の買い上げを行なった。


袋に入った安息香のグレードはAクラス


鉈で切り込みを入れる村人


染み出た安息香(拡大写真)


安息香の木と染み出た樹液


木登りセットを身に着け木に登る職員




買い付け処理を行う群職員と当法人




安息香のアロマオイルは気持ちをリラックスさせ気管支系のトラブル改善の効果効能があります。