10代でつむじはげが気になるあなた!効果的な改善方法で解消しませんか?

「まだ10代なのに、どうしてハゲるの?」
「このままだと20代にはツルツルになるのでは…」

10代でつむじはげを気にしている人は少なくありません。

最近では、10代や20代の若い世代で薄くなる若ハゲも社会問題になっています。

私は20代でつむじはげが薄くなった一人です。
当時は毎日のように合わせ鏡でつむじを確認したり、スマホでチェックしたりして、精神的につらかったですよ。

でも今では、効果的な改善方法に取り組んだ結果、つむじはげは全く気にならなくなりました。

つむじはげは効果的な方法に取り組めば、解消する可能性は高いです。

ただ、間違った方法に取り組むと全く効果がないばかりか、お金も無駄になるので気を付けた方が良いです(経験談…)

今回は、10代でハゲてしまう原因を解説したうえで、効果的な解消方法についてまとめました。

どうすればつむじはげが良くなるか?と悩んでいる場合は参考にしてみてください。

10代でつむじはげになる理由

まだ10代なのにつむじはげになってしまう原因は、体内で悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されている影響です。

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)とは、別名ハゲホルモンとも呼ばています。

男性ホルモン(テストステロン)と酵素(5αリダクターゼ)がくっ付くと悪玉男性ホルモンDHTへと進化。

ドラゴンボールでフュージョンして強いキャラになる感じです。

悪玉男性ホルモンDHTは、つむじに存在するアンドロゲンレセプターとさらにくっ付きます。

すると、毛根に対して「毛の成長を止めろ!」と命令を出してしまいます(脱毛シグナル)。

その命令に従ってしまうことにより、毛の成長は止まり、つむじはげになってしまうのが一連の流れです。


引用元:https://xn--01-zb4ata8554bktldw1apbbf83ad88afj0b.com/entry13.html

つまり、10代でつむじはげになってしまう原因は、
1、体内で悪玉男性ホルモンDHTが作られるから
2、悪玉男性ホルモンDHTとアンドロゲンレセプターがくっ付くから
です。

10代のつむじはげを放置しても治らない

つむじはげの原因はホルモンの影響なので、放置して自然には治りません。

逆に、放置すれば悪玉男性ホルモンがどんどん「毛の成長を止めろ!」と脱毛シグナルを出すので、つむじはげは広がっていきます。

最終的には、毛根が死滅してしまい毛は二度と生えてこなくなってしまいます。

そうなる前に、つむじはげの対策を始めることが必要不可欠。

少しでも「つむじが薄くなったかも?!」と感じたら1日でも早い対策に取り組まないと毛はなくなってしまいます。

10代のつむじはげに効果的な対策方法

つむじはげの原因となる悪玉男性ホルモンDHTを抑えることが、つむじはげを食い止める方法です。

世の中には様々な育毛方法がありますが、
実は厚生労働省が薄毛に効くと効果を認めているのは「薬」と「育毛剤」の2つしかありません。

有名なスカルプシャンプーだけ使っても薄毛には効きません。
サプリメントや食事だけを意識しても、薄毛には効かないのです。

薄毛に効果が認められた「薬」か「育毛剤」を使うことが欠かせません。

ただし、10代の場合、ハゲ治療の薬を処方してもらうことはできません。
薬局で売っている「リアップ」などの医薬品を買うこともできなくなっています。

未成年には処方できないという決まりがあるので、病院や薬局に行っても売ってもらえないのです。

そのため、10代のつむじはげには育毛剤を使うしか選択肢はありません。

「育毛剤は本当に効くの?10代が使っても良いの?」

育毛剤は厚生労働省が薄毛に効くと効果を認めているので、使う価値は十分あります。

しかし、育毛剤は薬ではないので毛を生えさえることはできません。

「えっ?!育毛剤使う意味ないじゃん…」
と思うかもしれませんが、そんなことないです。

育毛剤は新しく毛を生えさせることはできないけど、今生えている毛を育毛できます。

10代のつむじはげの多くが、つむじに細い毛が生えていると思います。人によっては産毛のように細く短い場合もあります。

まだ毛が生えているということは、育毛剤で育毛すれば地肌が透けなくなる可能性もあるということ。

40代や50代で完全に禿げている人のように、ツルツルになっている場合は育毛剤は効きません。

でも、まだ細い毛や産毛のような弱った毛が生えているなら、それを太くすればいいわけです。

育毛剤によって髪の密度が増えれば、薄い地肌がも目立たなくなり、以前のようにハゲを気にしない生活を取り戻せます。

私は20代でつむじはげが気になり始めましたが、育毛剤を使って復活できましたよ。
私以外にも、育毛剤を使って実感している人はたくさんいます。

厚生労働省が薄毛に効くと効果を認めているので、使う価値は十分あります。

ただし、育毛剤なら何を選んでも良いわけではありません。

当然、つむじはげに効くものとイマイチなものがありますよ。

また、10代でも使える低刺激なモノを選ばないと頭皮トラブルのリスクもあります。

つむじはげを改善してハゲを気にしないためにも、効果的な育毛剤を選ぶことが必要不可欠。

10代のつむじはげに使っておきたい育毛剤

10代のつむじはげにおすすめなのが、イクオス育毛剤です。

※イクオス

イクオスは私がこれまで使ってきた中で一番実感できました。

使い始めて1か月目には明らかに抜け毛が落ち着きましたし、4か月ごろには地肌が透けるのも気にならないレベルにまで復活しました。

今は使い始めて1年ほど経ちますが、つむじハゲは全く気にならなくなりましたよ。

電車でも気にせず座れますし、他人の視線にドキドキすることもありません。

何より、つむじはげを隠そうと毎朝ヘアセットに時間を書けなくなったので本当に楽です。

イクオスを使っている人の口コミもかなり良いです。

※ここにツイッターなどを掲載

育毛剤ってネガティブな口コミが多いですが、イクオスは評価高いです。

しかも、育毛ブログを運営している専門家も質の高さを絶賛しています。

※ここに育毛ブログの口コミを紹介

使った人の評価が高いのはもちろん、専門家が成分解析しても評価が高いのは信ぴょう性高いですよね。

本気で対策するなら育毛剤とサプリのセットが人気

イクオスにはサプリメントも用意されていますが、サプリメントも高評価です。

ノコギリヤシや亜鉛など、良いといわれている栄養素をたっぷり配合。
薬局で売っているようなサプリとは全然違う!とかなり評価が高いです。

つむじハゲ対策を本気でするなら育毛剤とサプリの併用をする人が多いですね。

私も育毛剤とサプリを両方使っていますし、育毛に詳しい人は併用してしっかりと使っている人が圧倒的です。

効果がなければ返金してもらえる

イクオスがここまで人気なのは、成分が良いだけではなく、返金保証のキャンペーンも完備されているから。

イクオスを実際に使ってみて、効果がなければお金を返してくれます。

返金保証期間は45日間あるので、1本すべて使い切って効かなければ返金してくれるというわけです。

薬局で売っている安い育毛剤は効かなければ泣き寝入りですが、イクオスは購入後のサポートもしっかりしているのが安心できますよね。

私は1本使い切ったころから明らかに抜け毛が落ち着いたので今でも使い続けています。

とはいえ、育毛剤の効果には個人差がありますし、合うかどうかは使ってみるまで分かりません。

イクオスなら返金保証付きで試せるので、他の育毛剤よりも試しやすくなっていますよ。

ただし、イクオスの返金保証キャンペーンはいつまで開催されているかはわかりません。

メーカーにとってもかなりリスクの高いキャンペーンだと思うので、返金保証付きで試せる間に注文しておくことをお勧めします。

⇒ イクオスの返金保証付きで試せるのはココだけ

10代のつむじはげを改善するためにやっておくべきこと

最後に、つむじはげを改善するためにやっておくべきことをまとめておきます。

ステップ1:育毛剤を使う

育毛剤を使うのは基本です。
初めにも書いた通り、薄毛に効くと効果を認めているのは「薬」と「育毛剤」だけ。

10代は薬を処方してもらえないので、育毛剤を使うしかありません。

つむじはげに効く育毛剤は、個人的にはイクオスがおすすめです。
実際に私はイクオスで改善できましたし、ネット上での評価も高いです。

つむじハゲに効く育毛剤については、「つむじはげに効く育毛剤!厚生労働省も認める本物の1本はコレ」でさらに詳しく書いています。

イクオスを使ったレビューなども書いているので、気になる場合は併せて読んでみてください。

参考:つむじハゲに効く育毛剤

サプリメントで栄養素をしっかりと補う

お金を出せるならサプリメントも一緒に使っておいた方が良いです。

もちろん、サプリメントだけでは薄毛に効くわけではないので、あくまでも育毛剤とセットで使うことが必須。

また、毎日3食栄養バランスが摂れた食事をしているなら特に必要はないです。

私の場合、外食やコンビニで済ませることが多いので、髪に必要な栄養素が不足していることは明らかでした。

髪の毛のことを考えると、
・アミノ酸
・タンパク質
・ビタミン類
・ミネラル類
これらの栄養素はしっかりと毎日摂る必要があります。

また、「ノコギリヤシ」「亜鉛」「イソフラボン」などの良いといわれる成分も取らないといけません。

普段の食事でこれらの栄養素を取ることができなかったので、私はサプリメントを使うようにしています。

サプリメントなら寝る前に数粒を水でゴクリと飲むだけで栄養素がしっかりと補えます。

外食やコンビニで済ませているのは変わらないですが、栄養の心配をしなくてよいので助かっています。

ちなみに、サプリメントはイクオスサプリを使っています。イクオス育毛剤と一緒に注文すると割安になります。

睡眠時間をしっかりと取る

髪の毛は夜寝ている間に成長して太くなるので、睡眠もしっかりと意識しておいた方が良いです。

睡眠については勉強し始めるとかなり難しいです。
特に最近では、「時間よりも質が大事」と言われているので、単に睡眠時間を増やせばよいわけでもないです。

とはいえ、素人で徹底的に睡眠改善するのは難しいので、次のことを意識しています。

・最低6時間は寝る
・寝る1時間前のスマホ・テレビ・パソコンはやめる
・寝る2時間前の食事はやめる

これを意識するだけでも、睡眠の質はウンと上がりますし、身体の調子も良くなりました。

睡眠を改善しただけでつむじはげは治らないですが、髪の成長を助けるためにも意識できるならした方が良いですよ。

3か月程度は続ける

育毛剤やサプリ、睡眠を意識してもすぐに効果が出るわけではないです。
突然つむじがフサフサに戻る…なんて魔法は起きません。

髪の毛にはヘアサイクルという生え代わりの周期があるので、実感するまでには3か月から6か月程度はかかります。

私がつむじはげを気にならなくなったのも4か月から6か月程度たったころでした。

「時間かかるなー」と思うかもしれませんが、何もしなければ禿げていく一方です。

1日でも早く対策を始めて、しっかりと続ければ改善する可能性があるわけです。

多くの人が実感しているのに、何もしないのはもったいないと思いませんか?

すぐに結果が出るわけではないからこそ、最低でも3か月は続ける意識で始めておいた方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です